ナカナカ杯

f:id:Dnon:20160417113055j:image

始めに
4/16日に行われたCSに出てきました。
影霊衣を使ってましたが直前に組んだEMオットアイズが安定して勝てそうだったので当初はそっちを使う予定でした。


調整の段階で幻影彼岸.青目.帝王のツイツイの採用率の高さからスケールを破壊されると何も出来なかったり通告がどうしようもなく意外とデッキ自体が脆かった為、急遽前日に影霊衣に変更しました。


前日に作ったのでもっと強く出来たと思います。
とりあえず使ったやつ
成績は
命削りHERO ×ET×
命削りHERO ×○○
青目 ×○○
幻影彼岸 ○○
鰤帝 ○○
青目 ○××
f:id:Dnon:20160417131158j:image
モンスター 25枚
ディサイシブ
トリシュ 2
ヴァル 2
ブリュ
ユニコール
ソラス 3
仏 6
マスマティ
シュリット
リリーサ 2
エキセン
G 2
ヴェーラー
バルブ


各カードの使った感じ

【エキセントリックデーモン】
完全にサイクの下位互換でサイドに眼差しとセットで良かったと思いました。

【マスマティシャン】
正直あまり好きではなかったのですが調整でかなり評価が変わったカードです。
先攻のアークはもちろん中盤でも強く弱い場面がなかったです。
サイド後も闇の護符剣の回答になり青目に対してかなりの拘束力がありました。
マスマティ召喚にヴェーラーが無ければアークに行けるので相手はG以外の誘発が使えなくなります。その為直接シュリットを落としてトリシュを使えば確定で通ります。

【グローアップバルブ】
予選と本戦で6回は素引きしたのですがツイツイのコストやヴァルソラスで相手の盤面を処理した後にバルブnsでヴァルアークの盤面を作り蓋をしたり出来たのでバルブを引いて負けたのは1本だけでした。
ただディサイシブのような素引きしても使えないカードと一緒に引くとかなりきついです。

【儀式魔人リリーサ】
2枚採用の理由は1枚だとおろかな埋葬やガイドが入っていないので直接アクセス出来る確率がかなり低く3だと手札に被った時に厳しいので2枚。
ガイドを使うか迷っていましたがガイドでは無効系を使われた時や召喚権の都合で直接リリーサを入れたほうがいいと判断しました。
ガイドを入れることでエクストラの枠にランク3を入れる必要が出てくるのでそんな為にエクストラを割きたくないので今回は採用を見送りました。

【エフェクトヴェーラー】
帝王が絶望的にきつい+メインに1枚枠があったので採用しました。
環境では幻影彼岸のブレソや帝王にしか使えないのであまり強く使えたセットは無かったです。

魔法 14枚
儀式 6
準備
増援
ツイツイ 2
皆既
サイク
生還

罠 1
虚無

【ツインツイスター】
最近では3枚の構築をよく見ますが手札被りが怖かったので2枚に抑えました。(羽ツイツイ2儀式2で負けた試合がありました)
幻影彼岸では霧剣+神、マジェ系統ではテンペスト+神のように2、3枚伏せが基本になるのでサイク1枚では間に合わないのでツイツイにしました。
ネクロスに於いての手札1枚のコストは他のデッキよりも重く感じましたがそれ以上のリターンがあるので試してない人は使えば分かると思います。

皆既日食の書】
たまに影霊衣は青目に相性悪くないという人がいますがそんなことは全くなく8.2程の割合で不利だと思っています。構築次第ですが..
剣士スタートの精霊竜に対して月の書だと無理なので皆既にしました。
仏にヴェーラー食らった時に霊竜裏返しながらサーチできる方が強かったです。

月の方のメリットとしては無理に動かなくてもいいので皆既だとGを当てられた時にどのみちドローされます。
リリーサとの共存が出来るのも利点です。

【サイクロン】
メインの伏せ割りがツイツイ2.(羽.エキセン)ともう一枚欲しかったので1枚だけ入れました。
コズミンだと伏せを除外してしまうのでトリシュを通せない場面があった事と1000のコストが気になりサイクにしました。
コズミンも霧剣に当てれば強いので使う余地がありそうです

【戦士の生還】
このデッキの一番いらないカードでした。
強く使えた場面もなく直ぐにでも抜きます。

【虚無空間】
狡猾と罠0を試しましたが青目に対する勝率を上げたい為採用。
相手が青目と分かれば先攻を取ってリリーサソラス+虚無+アークをできるだけ目指します。
リリーサソラスも闇の護符剣で裏返っても虚無があれば相手は何もできません。
ただ他のデッキに対しては無力なのでサイド後に抜くか狡猾と変えるのが良さそうです。


エクストラ・サイド
f:id:Dnon:20160417132327j:image
CSで15セットやって1回も使わなかったエスクトラがホープ2深淵ダイヤでした。
プレイの仕方で変わると思います
個人的にはネクロス自体に拘束力.突破力があるのでエクシーズするよりネクロスのまま放置します。
ただ必要な場面は絶対にあるので必要ないことはないです。

・サイドデッキ
【禁じられた聖杯】
使い方は青目の精霊龍の変身した後の銀龍に当てて殺します
この使い方だと幽鬼うさぎとほぼ同じで福音があると無力です。
ただ帝王のアイテールを一緒に見れるのが大きかった為使いました。

【眼差し】
自分でEMを触っていて1番きついカードだったので入れました。
ダイナスターがいない限り虹彩共々破壊して伏せもエキセンで1枚剥がせるので1:4互換出来ます。

【タイフーン】
EMのメインに採用されている魔法族の里を見て入れました。
里がある時は大抵スケールもあるのでタイフーンで割れます
元々サイドデッキに入れていたサイクロンの枠にタイフーンを据えて帝王やDDに対してもサイクとして使えます

【幽鬼うさぎ】
帝王が多いと思ったのでサイクルリーダーと直前に入れ替えましたが裏目に出てサイクルリーダー入れておけば良かったと後悔してます。
青目に一応入れましたがかなり信用性がない為サイクルリーダーに変えます

環境デッキとやり込めなかったのでサイドやメインで浮くカードがあったのが残念でした。
調整は大切ですね...


今期の各デッキへの立ち回り
f:id:Dnon:20160418213127j:image
何種類かのデッキが環境にいるので誘発を入れづらかったり有効に使えずメインには入れてないと思います。
青目のヴェーラーは仕方なしです。

とりあえず影霊衣といえば後攻というイメージだと思います。
どのデッキよりも展開を返す力は瞬間的になら1番高いと思います。
ただ今期は青目DDなどのモンスター(クリスタルウイング.サイフリートなど)が守りも担っているデッキがありそのデッキに対して後攻を選択すると結構厳しいです。
最近の40枚以上の強貪入りのデッキは大抵何でもろくでもないので先攻取ります

彼岸のファーファのせいでついでに鑑を入れられるパターンがあるのでサイド後はトリシュの裏目がヴェーラーしかない時以外はやめておきましょう。
特にリリーサを決めている時はトリシュは通せても温存します。
精霊竜やアイテールを構えられた時は仕方ないのでディサイシブから入って伏せを除外します。鑑ならディサイシブが消えるので儀式回収からまた入ります。

【青目】
ブロック戦や決勝トーナメントまで行くと誰がどのデッキか分かると思います。
青目なら迷わず先攻とります
1本目でリリーサ+手札にトリシュが決まればほぼ勝ちです。
リリーサソラスで殴っていても1200超えるモンスターはいないのでさっさとライフを取ります。
青目のリリーサの回答は爆風2(キャシー)なので仏を引いたらトリシュをひたすら回収します。

2本目以降は相手が闇の護符剣やスキドレを入れてくるので先攻取らされそうならツイツイとタイフーンを入れ替えます。
稀に精霊龍単騎に後攻で手札がよくてトリシューラ投げれる時はチェーンをシュリット1トリシュ2でシュリット通します
普段は通告ケアで逆にするので忘れがちです。

【帝王】
派生しすぎて立ち回りの目安がなくリリーサを付与するタイミングを考えるだけです。
回られると1番きついデッキです。

【幻影彼岸】
あくまで個人的にですが負ける要素が見当たらないので後ろ剥がしてトリシュやナイアルラソラスでアド増やしてワンキルします。
環境の中では遅い方のデッキなので1番やり易いです。
サイド後はリリーサが意味ないので抜きます
サイドのユニバースは決めたら勝ちなので絶対に通します。
基本的にソラスがいるとエクシーズ体が1体では突破できないので2体並びます。その2体をユニバースしてアルティメット(インフィニティ)+ソラスで完封出来ます。
うっかりユニコーン出すとアルティメットがゴミになります

【EM】
里が無ければ後攻で大抵返せます。
一応ラクーンだけなら舞姫.ヴェーラーnsで魔法使えます。
罠が薄いので罠と虹彩をツイツイで割ってトリシューラ投げれば誘発ないのでそのまま終わります。
ネクロスばれしてると手札全部伏せられて結構面倒です
サイド後は先攻で里を使ってくるのでタイフーン待ちです。
こっちが先攻ならサイク伏せるだけでそこそこ止まりますデッキの中身が低スケールが多いので高スケールを割ります
マジェスペクターユニコーンが他のデッキよりも効かないのですが使われてると結構面倒なのでさっさとエクストラに送って効果を無くします。手札に帰ったらトリシュで消します。


結構長くなったのでここら辺で終わりにします(~_~;)